メニュー

ファスティング行程

1.ファスティング・食育外来受診

まずファスティング・食育外来を受診ください(第一、三、五木曜 10:00~12:00, 14:00~16:00)。メディカルファスティングおよびその後の健全な食生活についてご指導させていただくと共に実施日のご予約をしていただきます。

↓

2.前日~当日実施前

特に前日の生活・食事制限はありません。
当日朝開始(8:30)の場合は水分はOKですが朝食なしで来院、昼開始(13:00)の場合は朝食は軽く済ませ、後は水分のみで来院してください。

↓

3.ご来院、腸管洗浄液を注入

経鼻チューブ挿入来院後、問診票に体調や既往歴の記載を行った後、専用の衣類に着替えます。

直径約2mmのチューブを鼻を通して胃内に留置後約2-3Lの腸管洗浄液を注入(1.5時間)。飲用可能な方はご自身でお飲みいただいても結構です(2-3L飲用は辛いため・・・・)。いわゆる経鼻の胃カメラの直径が約6mmであることから、鼻を通してのチューブの胃内留置が容易であることは推測していただけると思います。経鼻チューブ注入法(芦屋三戸岡クリニックオリジナルの方法)として多数の患者様の大腸検査の前処置に行ってきており安全性は確立しています。

フィーデイングバックから洗浄液注入

↓

4. 排便を待ちます

注入開始後、1時間前後から排便が始まり個人差がありますが10数回の排便後便汁はクリーンになります。

↓

5. 全消化管洗浄の終了、帰宅

注入開始3~4時間で便通は治まり全消化管洗浄は終了です。

朝開始の方で検査(胃大腸内視鏡or大腸カプセル)を受ける方はこの後検査を行います。

全消化管洗浄終了後衣類を元に着替え、その後クリニックを後にしていただきます。

全消化管洗浄のみでもファスティングにはなりますが、その後のファスティングを続けることにより体への効能を最大限に享受していただけます。

朝開始の方は昼から仕事・家事可能、昼開始の方は夕方から仕事・家事可能。

↓

6. 帰宅後

当日は当院で提供する発酵ドリンクを朝開始の場合は4回(昼、夕方、夜、就寝前)、午後開始の場合は3回(夕方、夜、就寝前)飲用。必ず他に水分を飲用、水・お茶で1日2~3リットルぐらいが目安です。発酵ドリンクが飲みづらい方にはご自身でつくっていただくドリンクレシピを提供させていただきます。

↓

7.2日目

2日日は発酵ドリンクを一日4~5回(朝、昼、夕方、夜、就寝前)に分けて適量の水で割って飲む。通常通りの仕事・家事可能。必ず他に水分を飲用、水・お茶で1日2~3リットルぐらいが目安です。この日の朝から昼にかけて体感の変化(スウィッチ感)が起こります2日間コース)

3日間コースの方→3日目

よりしっかりした3日間コースをご希望の方は3日目も2日目と同じことを繰り返します。

↓

8.復食期

3日目(2日間コースの場合)or 4日目(3日間コースの場合)からが最も大切な復食期です。ここでドカ食いをすると体に変調を起こす可能性があり、せっかくの成果が無駄になる場合があります。2-3日かけて胃腸に負担のかからないお粥からはじめて、ゆっくりと通常食に戻していきましょう。ファスティング後は五感が非常に鋭敏になっており食の味覚を十分に感じることができるため、小食でも十分満足することができます。

本質的にご自身の身体を健康にしたいと考えておられる方はファスティング以後の食事を「穀物菜食」にすることをお勧めします。人間の腸(小腸・大腸)には100~1000兆もの微生物(腸内細菌)が住み着いており体との共生関係にあります。病気から人体を守る免疫の約70%は腸が担っており腸の状態を健康に保つことは最も重要です。このための秘訣は腸内細菌が喜ぶ食事をすることです。この食事こそ「穀物菜食」なのです。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME